平成29年度始業式 校長挨拶

学校長 遠藤 吉夫

平成29年度始業式 校長挨拶を紹介します

 

みなさん,おはようございます。元気に過ごしていましたか? みなさんが元気な顔で,今日,また学校に来てくれたことに感謝です。みなさん,一回り成長しましたね。それぞれに学年が一つずつあがって,今日の午後には新入生を迎える形になります。今年は,去年と同じく10名の新入生を迎えることになります。新入生のみなさんは,ドキドキしていると思います。みなさん,やさしくお迎えしてくださいね。
 さて,突然で申し訳ありませんが,終業式の続きのお話をします。あのときは,用意していた話題がいくつかあったのですが,時間が足りなくて話すことができませんでした。終業式が終わった後,小学部の友達が来てくれたので,宿題という形で伝えることができたのですが………覚えていますか。
 確かこういう宿題でしたね。「作物は肥料をやりすぎると,トチョウして倒れてしまう。」あるいは,「トチョウを防ぐために,肥料をやりすぎてはいけない」。この文脈でいう「トチョウ」とは,どういう漢字を書きますか?
 難しいかもしれませんね。どうですか?
 実は,「ト」は,生徒の「徒」,「チョウ」は「長」という漢字です。言われてみると簡単ですね。でも,意味は,ちょっと難しいかもしれません。「徒長」は,生徒の長だから,生徒会長のことです,と答えたとしたら,文脈はどうですか。合いませんね。難しいですね。実は,「徒」は「いたずら」,「無駄な」という意味。「長」は成長の「長」です。「無駄な成長」という意味です。わかりましたか? 肥料をやりすぎると,作物は(野菜とかお花)は,無駄に成長,やせほそった成長をしてしまい,ちょっとした風が吹いただけで倒れてしまう,そういう意味なんです。さあて,人間にあてはめて考えてみましょう。いいですか。あんまり肥料をやりすぎると,人間,やせほそった人間しか育たないのですよ。ちょっと苦しいことがあるとバタッと倒れてしまう,そういう人間しか育たなくなるんですよ。この肥料について,いろんなものをイメージしてください。いいですね。ちょっとしんどいとき,思ってください。今,自分がしんどいのは,肥料のやりすぎを抑えられているんだ,徒長を防いでいるんだ。むだな成長を防いでいるんだ。ここがヘレンケラー女史のいう「忍耐」のしどころなんだ,がんばろう,そんなことを思って,今年を過ごしてみてください。
ところで,先日,29年度のスタートを記念して,私は自宅の庭にレンギョウを植えました。花言葉を知っていますか。「希望」です。みなさんが希望をもって学校生活を送ることを期待して,年度初めの挨拶にします。
以上です。

 

 







学校長挨拶へ戻る

トップページへ戻る