教育目標

 ヘレン・ケラー女史が,本校に餞として残してくれた「英知・忍耐」という言葉を信条として,視覚等の障害を克服し調和のとれた人格の形成に努め,社会の一員として自主的・積極的に生きる人間を育成する。

経営方針

(1) 宮城県教育方針の下,県内唯一の視覚障害教育校として,その特色と専門性を生かし,広く県民の要請 に応える新しい時代にふさわしい視覚障害教育を推進する。

(2) 「明るく,楽しく,なかよく」をモットーに,教職員と児童生徒相互の敬愛に基づく「和」のもと,個々の自主的・創造的活動を尊重する。

(3) 学校のすべての教育活動は,社会の要請と児童生徒の実態に即して運営する。

(4) 教職員はそれぞれの立場で教育目標を具現化するために,全体との調和を図りながら慎重に計画して積極的に教育活動に専心する。

本年度の重点目標

(1)「個別の教育支援計画」「個別の指導計画」の実践的活用を通して,児童生徒一人 一人の実態に即した支援・指導の充実を図る。

(2)学校行事,共同学習,地域や他校との交流活動などを積極的に展開し,児童生徒のコミュニケーション能力や社会性の育成をめざす。

(3)スクールカウンセラー活用やケース会議の開催など,悩みや問題を抱える児童生徒一人一人の心に寄り添うカウンセリングの充実を図る。

(4)小学部・中学部・高等部・寄宿舎連携のもと,児童生徒が自らの生き方を主体的に探求する「志教育」を推進する。

(5)就職や希望する施設等への入所から大学・専門学校等への進学まで,生徒一人一人の様々な進路希望に応じた進路支援・進路指導の充実を図り,生徒一人一人が豊かな人生を送れるよう,生徒全員の進路希望実現をめざす。

(6)「あはき国家試験」(あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師 国家試験)に向けた支援・指導の充実を図るとともに,知識と技術に偏重しない豊かな人間性を備えた理療師の育成をめざす。

(7)児童生徒の実態に即した寄宿舎運営及び寄宿舎機能の有効活用を通して,社会的自立に向けた支援・指導を行う。

(8)早期教育,学校等支援,自立支援を通して,視覚障害教育の教育相談及び支援活動を積極的に展開し,センター的機能の一層の充実を図る。

(9)体系的な教員研修・研究を推進して,視覚障害教育の専門性を高め,準ずる教育及び重複障害教育の充実を図る。

(10)視覚障害教育の啓発活動や積極的な情報提供に努めるとともに,学校評価制度の効果的運用を図り,開かれた学校づくりを推進する。